ビジネスチョイス×チョイス
vol.1 デキるビジネスマンと疲労のカンケイ〜解明! 疲労のメカニズム
Vol2. 飲む体力。Powered by BCAA
さて、今回のテーマは「疲労」。働けば働くほど、自然とたまってくるのがお金と疲労。え?お金は貯まらない?ですって(そう言わずに…)。お金が貯まっていく方法や情報はまた別の機会にレポートするとして、今回はたまっていく「疲労」の方に焦点をあててみました。

明日はプロジェクトの成功がかかった重要な会議、でも毎日の残業続きで疲労はピーク…。「新入社員の頃は、毎晩徹夜でも大丈夫だったのに!」そんな言葉もつぶやいてみたり。そんな悲劇的な状況になる前に、「疲労」自体のメカニズムを知ってみませんか? 体と上手に付き合えば、いきいきしたビジネスライフの実現も夢ではありません!
PHOTO
疲労はカラダからの赤信号
「疲労」には、「脳の疲労」と「筋肉の疲労」の2種類があります。 前者は神経伝達物質である「セロトニン」が脳内に増加することで起こるもの、後者は体を動かすことによってエネルギー源が減少することで起こるものですが、いずれも、『少し休んだほうがよいよ』という体からのサインです。 この警告を無視せず、日常の疲れをその都度ケアしていくことが大切。日頃から疲れにくいカラダづくりをすることが、ビジネスライフの充実にもつながります。
筋肉の「曲がり角」は30歳!?
若い頃よりも「疲れ」を感じることが多くなったな〜、と感じることはありませんか? それは気のせいではありません。人間の体は30歳を過ぎたころから筋肉量が減少し、それに伴って体脂肪が増加していきます。筋肉の量が減ってしまうことが、「体力の低下」や「疲れ」を感じやすくなる、ひとつの原因と考えられています。 そこで、筋肉量を維持して「疲れにくい体」をつくることが大切になってくるのです。
そうはいっても、毎日仕事は忙しく、運動をするヒマもないのがビジネスマン。私も入会しているスポーツクラブにはほとんど通えていません。これならビジターでその都度利用料を支払っていく方がよっぽど安かったり・・・。 ということで、結局のところ「疲労対策」は飲料やドリンク、サプリメント頼み!という人が多いのではないでしょうか?

そこでビジ選編集部では、世間で話題の飲料やドリンク、サプリメントについて調べてみました。
PHOTO
市販アミノ酸飲料 内容とBCAA量
そのなかで編集部が注目した成分が、『BCAA』(※)。この成分は筋肉の材料となり、筋肉のエネルギーとなる唯一の必須アミノ酸であり、日常生活でも大切な栄養素。最近では、一気に摂取することで体作りのシグナルを発するということが分かってきたという注目成分なのです。 ネットで検索をしてみると、色々な効果があるような(ないような)。 ならば、百聞は一見にしかず、『BCAA』と言えば・・・ということで、2003年9月にアミノバリューを発売し、BCAAに早くから取り組んでいる大塚製薬さんに聞いてみることにしました。

編集部がキャッチした情報によると、大塚製薬さんでは、9月から100mlあたり2000mgのBCAAを含有した高濃度タイプのBCAA飲料を発売するとか・・・そのあたりも聞いてみたいと思います!

(※)BCAAとは、バリン・ロイシン・イソロイシン(すべて必須アミノ酸)の総称。
NEXT Vol.2 突撃 大塚製薬インタビュー 飲む体力。Powered by BCAA

 

 

住まいのクチコミサイト「モテ住まい」みんなで作るシネマポータル「シネログ」OLのためのクチコミサイト「OLなび」
社長ブログが大集合「プレジデントニュース」おいしいレシピが大集合「THE 食」

利用規約/プライバシーポリシー運営会社広告掲載お問い合わせ Copyright(c) Writeup Co.,Ltd. All Rights Reserved.

 

アミノバリューとは